モデルケース

よく、「3空」だとか「3山抜け」だとかいって投資本などで紹介されている。

 

が、それは『こういうのみつけて戦った人がいるよ。』であって、

『これをやれば勝てるよ。』ではないのである。

 

私の知人にもファンダめちゃ勉強して「ROE」だとか「PER」という言葉を使って会話したがるのがいるが・・・。なんとなく役に立ちそうなのは時価総額くらいじゃないか。

 

あ、これは私にとっての話。我が流派の話。

 

師匠が入門させてお金をとってるのだって、「相場師を実際に見せてあげるよ」という事なんだろう。「俺が勝てるようにしてやるよ」ではないのです。

 

お金は、まぁ、ただだと価値が疑われちゃうので 「一応これくらいにしとこうか。」くらいで決めてるんだろうな(笑)。